Pentium4のブログ

ブログ初心者が情報を発信します。

【解決策あり】モンハンワールド エラーコード:5038f-MW1について

f:id:Pentium4:20180429195600j:plain

 モンスターハンター:ワールド(モンハンワールド,MHW)で、

 「セッションへの参加に失敗しました。エラーコード:5038f-MW1」を、

 解決した方法を記載します。

 

 エラーコード:50382-MW1についても解決出来るかもしれません。

 全てを書くとキリが無いので、分からない所は自分で調べて下さい。

 知人は下記方法で無事解決しました。

 

 

 

はじめに

注意点

 本記事に書かれた内容の実行は、自己責任でお願いします。

 また、転載はお辞め下さい。

 

エラーコード:5038f_MW1とは

「エラーコード:5038f_MW1」は、モンハンワールドがβ版の頃から有るようです。

症状として、人が多い集会所に入ろうとするとエラー落ち

人が少なくとも相性が悪いユーザーが居るとダメな場合もあり、

今回のイベント「爛輝龍マム・タロト」と相性が最悪です。

 

他のゲームや回線に問題ないユーザーでも発生する事から、サーバー側に問題があると考えられていましたが、

ユーザーの設定次第では解決できる可能性がありそうです。 

 

既存の方法

・二重ルーターになっている場合、ブリッジ接続に変更する。

ルーターを介さず、モデムに直接接続する。

・無線接続の場合、有線に変える。

IPv6→4への変更

 上記の方法でも解決出来るようです。

 それでも解決出来なかった場合、試す価値はあるかも知れません。

 

解決方法

PS4IPアドレスを固定

まずPS4IPアドレスを固定します。

何度も言いますが、分からない言葉は調べて下さい。

画像はクリックで拡大出来ます。 

 

1.ホーム画面上から「設定」

f:id:Pentium4:20180428120655j:plain

 

2.「ネットワーク」

f:id:Pentium4:20180428120758j:plain

 

3.「接続の状況をみる」

f:id:Pentium4:20180428120806j:plain

 

4.この画面を携帯のカメラ等で撮影して下さい。

 あとで必要になります。

f:id:Pentium4:20180428122814j:plain

 

5.”×”で戻り、「インターネット接続を設定する」

f:id:Pentium4:20180428123509j:plain

 

6.Wi-Fiを使う」or「LANケーブルを使う」

f:id:Pentium4:20180428123927j:plain

 

7.「カスタム」→「手動」

f:id:Pentium4:20180428123948j:plain

 

8.ここの画面はスクリーンショットが撮れないため、携帯での撮影画像になります。

f:id:Pentium4:20180428130524j:plain

初期設定では、全ての数値が「0.0.0.0」になってると思います。

保存した「接続の状況をみる」から参照して、数値を入力して行きます。

f:id:Pentium4:20180428133502j:plain

その際、IPアドレス」だけ最後の数字を"20~254"に変更して下さい。

このIPアドレスも後で使うため、覚えておいて下さい。

 

9.「次へ」→「MTU設定:自動」 →「プロキシサーバー:使わない」

これで固定IPの設定は完了です。

そのまま接続診断を実行し、無事接続出来るか確認して下さい。

 

接続出来なかった場合、IPアドレスの最後の数値を変えてみて、

ダメなら諦めましょう。

手順7の画面から"かんたん"を選べば元に戻ります。

 

ルーターの設定

ルーターにアクセス

ブラウザからルーターにアクセスします。

パソコンや、iPhoneの「safari

PS4のホーム画面にある「インターネットブラウザー」からも可能です。

 

1.アドレスバーに、「デフォルトゲートウェイ」を入力しましょう

(PS4で調べた数値の中にあります)

例:192.168.0.1

f:id:Pentium4:20180428151229j:plain

上記のような認証画面が出ると思います。

 

 

「ユーザ名:admin」「パスワード:ルータ設定時に登録したパスワード」を入力しましょう。

初期設定の場合、以下のいずれかでログイン出来るかも知れません。

ログイン ユーザー名 パスワード
例1 admin admin
例2 admin 空欄
例3 root 空欄

※ユーザ名、パスワードを忘れてしまった場合、ルーターの初期化が必要となります。

 

2.ログインに成功するとこのような画面が出ます。

画面は人によって違いますので、ここからは自分の場合の話をします。

f:id:Pentium4:20180428151716j:plain

 

DMZホスト設定

 無事アクセス出来たら、DMZホストの設定をします。

 どこかしらのページに”DMZ”と書かれていると思います。

 探して下さい。

 

自分の場合はここでした。

f:id:Pentium4:20180428152850j:plain

見つからない場合は、「"ルーター名"+"DMZ"」でGoogle検索しましょう

この画像の場合は「Aterm WH822N DMZ」です。

  

DMZホスト機能:使用する」にチェックを入れ、

DMZホストのIPアドレス」に、PS4IPアドレスを入力します。

※ここで誤ったIPアドレスを絶対に入力しないで下さい。

 

画像右下の「設定」、もしくは中央左の「保存」をクリックして

DMZホスト設定は終了です。

f:id:Pentium4:20180428153207j:plain

 

おまけ:DMZとは

DMZとは、"DeMilitarized Zone"の略で、直訳すると「非武装地帯」となります。

今回このDMZを設定することで、PS4のセキュリティレベルを落とし、

今までルーターに遮断されていたデータを、完全に受け取れるようになりました。

危険では?」と思うかも知れません。

確かにパソコンやスマートフォンDMZホストになるのは危険です。

 しかし、PS4の様な独自OSでは互換性が無いため、危険が無いと言われています。

とは言え、何か起きても責任は取りませんので悪しからず。

 

まとめ

 

IPアドレスの固定

DMZホスト設定

上記二点が完了したら、念のためPS4を再起動して試してみてください。

 

追記:

DMZの設定に加え、ルーターの設定でUPnP機能」をOFFにしたら解決したとコメントを頂きました。

知人に聞いてみた所、「”ON”で無いと入れなかった」と言われたので、二通り試してみると良いかも知れません。

 

もしも以前と違い、

エラーが出なくなった方がいらっしゃいましたら、

  

参考のためコメントやシェアして頂けると幸いです。